iPadでPastebot

28日にiPadを手に入れてアプリを同期させて・・・とやって、さて感想でもblogに書こうかと思い、いつものようにスクリーンショットを撮ってPastebotでMacbookに移そうとしました。
最新のPasetbot Sync(PasetebotとMacを同期させるソフト)は複数デバイスに対応しているという事なのでこりゃ便利だねとまずはiPadをPastebot Syncに認識させようとした時の事。
Pastebotの複数認識についてはこちらが詳しいです。

PastebotがVerUP!複数デバイスと同期可能に! | 和室からiPhoneMacな日記

いつもならPastebot Syncを起動して、デバイス側でPastebotに表示されるパスコードを入れればOKなはず。

それが何度やっても自分のMacには「検証中・・・」とでるだけなんです。いっこうに繋がらない。
これは激しく困る。めちゃ困る。
と言う事で、Twitterにその旨書き込んでみると、皆さんから色々とアドバイスをいただいたので、落ち着いて対策をそれぞれ取ってみました。

  • 基本的に同一ネットワークないでしか繋がらないのでそれを確認する事。
  • 複数デバイス対応は最新版なので確認する事。

この2つを基本的に確認しました。

  • Pasetbot Syncのバージョンは最新版でした。
  • Pastebot自体も最新版でした。
  • 同一ネットワーク内でした。(というか複数はないので)

それぞれiPadからもMacbookからもそれぞれ削除して再インストールも行いました。

その上で、Macのインターネット共有で繋がるかどうかの確認を行ったところ、Mac側に認識されました。
ん?どういう事?Macのインターネット共有で繋がるという事は、PastebotもSyncも問題がないという事。

・・と言う事は、ルータが怪しいと思い、再起動をしてみましたが結果は同じ。
今は使ってないもう一台のルータを引っ張り出そうと思った時、ふとルータのメーカーであるBuffaloのサイトを見てみようと思いつきました。
僕の使っているルータはWZR2-G300Nです。ちょっと昔の機種。(関係無いけどそろそろ変えようかな。)
で、Q&Aを探したけどそれらしきはありません。当たり前です。iPadは28日に発売なのですからw
それでもと思いファームウェアの情報を見てみたところ、なんと今年の1月にアップデートしているじゃありませんか。
ドライバーダウンロード WZR2-G300Nシリーズ | BUFFALO バッファロー
そこにこんな記述が。

【変更履歴】
●Ver.1.54 → Ver.1.55
【不具合修正】
1.一部のニンテンドーDSやその他特定の無線LAN子機と通信ができないことがある
 問題を修正しました。
2.一部の無線LAN子機とWPA-PSK/WPA2-PSKで接続をした場合、しばらくすると
 通信ができなくなることがある問題を修正しました。

我が家の他の通信機器では特に問題は起こってなかったので、最近は気にしてなかったのですが、もしかして?

で、結果からいうとビンゴでした。
FWのバージョンを上げて、普通に試してみたところあっさり認識しました。なんじゃそりゃー。すみません。私が悪うございました。
というわけでiPhoneとMacbookとiPadがそれぞれPastebotで結ばれました。

それぞれでこんなメニューが出てきます。

Macbookが立ち上がっていれば、直接iPhoneからiPad、iPadからiPhoneへのコピーが簡単に出来ますね。
ご教示いただいた皆様には心から感謝申し上げます。ありがとうございました。

で、一所懸命にiPadに持ってきた画像がこちら。

・・・すみません。

という訳で、もしもBuffaloのWZR2-G300Nというルータをお使いで、iPadでPastebotが動かないーという方がいらっしゃったら、FWを更新してみると良いかもしれません。
というお話でした。

Pastebotはめちゃ便利なアプリです。
PastebotをiTunesでチェック
Pastebot — Command Copy & Paste

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ