隣の芝生

LINEで送る
Pocket


隣の芝生が青く見えるのである。

iPhoneの正統進化としてのiPhone 6を手に入れ、満足している。
これぞiPhoneである。

もう一つのiPhone
iPhone 6Plusについては「デカイので片手で操作できないのは要らない」と初めから選択肢から外していた。
そういう意味で全く現状に不満はないのである。

しかし、隣の芝生は青いのである。

私は家ではiPad miniをよく利用している。
iPhoneは家ではあまり使わない。
iPadもあるけれど大きすぎてminiが丁度いいのである。
MacBook Airはややこしい作業をする時以外は閉じたままである。
日常的なメールを見たりする時にはそれで十分なのである。
iPad minに対する私の満足度は高い。

しかし、だからと言ってiPad miniを外に持ち出す気にはならない。
Wi-Fiモデルだからというわけではない。モバイルルーターを持ち歩いてるのでそこは障害にはならない。
ただ持ち歩くには大きいから、である。

そこでiPhone 6Plusをまじまじと見てみる。
これがもしかしたら私にとって最善の機種なのではないだろうか?

片手で操作できないのはminiも同じだ。
私が欲しかったのは持ち歩く為のiPad miniなのではないのか?

そんな事を考えながら以下の記事を読んだ。

日々iPhone 6 Plusの虜になっていく。

iPhone 3Gを初めて持った時の興奮。
そこから感じられる未来。
とても同感できる。

それと同時にすでに私の日常に入り込んだiOSの使用感がPlusこそお前の求めていたものではないのか?と問いかける。

iPhone 6は間違いなくiPhoneの正統進化である。
そこに疑いはない。
私自身もその使用感に満足している。
買って良かったと心から思っている。
iPhoneを欲しがってる人には全力でオススメする。

だかしかし、それでもなお、

隣の芝生は青く見えるのである。

物欲という魔物が私の耳元で囁く。
「iPhone 6Plusが欲しいんだろ?」
魔物は常に私に囁いている。
私は大概の魔物との戦いにおいて勝利しているが、今回は強敵なのである。

あまりにも隣の芝が青いから、なのである。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ

feedly登録ボタン
follow us in feedly

LINEで送る
Pocket

コメント投稿は締め切りました。