Markeeの歴史

こんにちは iPhoneでほとんどブログ記事を書いているkuracyanです。
このブログではアプリの説明などにスクリーンショットを多用しますが、その時に→引いたりモザイクかけたり説明書き書いたりするのに使ってるのがMarkeeというアプリです。

Markee
無料


ダウンロードはこちらから↓

説明書きはこれ一つで充分です。

Markeeは画像を並べることで簡単にマニュアルが作成できるアプリ&サービス Teachmeの画像加工の一部だったですが、そこだか切り離して先行別アプリとして登場しました。

Teachme

私も多分初期から使ってます。

その後ユーザーの声を様々拾い上げアップデートを重ねて行きました。
矢印にはじまり、囲みやモザイク、スポットライトなどこれだけで説明書きができるアプリになりました。

一度中の人達に会いに行って来た時に感じた事です。
私の思いつきにしか過ぎないちょっとした要求も検討してくれて、それが必要であれば積極的に対応してくれます。
あくまでも他のアプリ&サービスの一部となのにユーザーの意見に耳を傾けてくれるその姿勢が嬉しかったです。

これが無料っていうんですからね。

これからもユーザーの声を拾って素敵なバージョンアップをしてくれることだと思います。

そんなMarkeeが10万ダウンロードに達した記念として今までのバージョンアップの歴史がTeachmeでスライドになってます。

ぜひご覧になって下さい。

そんなわけで私の必須アプリ Markeeの歴史のスライドのご紹介でした。

Markee
無料


ダウンロードはこちらから↓

ご紹介したアプリの価格は執筆当時の価格です。
購入時はよくお確かめ下さい。

“Markeeの歴史” への1件の返信

  1. ピンバック: ネオ・どん速 アーカイブ【2014-01-11】 | 覚醒する @CDiP