Dpubという空間に思う事

巨大なただの飲み会Dpub9に参加してきた。
初回からずっと参加してるから通算9回目だ。

180名の熱気は凄まじい。

私はいつも会場をウロウロしてるので
いつも翌日筋肉痛になる。
心地よい疲れだ。

参加者の「楽しかった」というTweetやブログ記事を見ながらニヤニヤするのがDpubの翌日の楽しみだ。、

9回目の今回も皆さん「楽しかった」「参加して良かった」という声があちこちから聞こえてくる。

私も毎回参加してよかったと思う。
楽しかった。

私がDpubでいつも感じる事がある。
Dpubの参加者には凄い開発者もいればスーパーブロガーもいる。
また初めて参加した人や私のように毎回参加してる人もいる。

私がいつも思う事は、Dpubはそんな色んな人が分け隔てなくフラットな関係でいられる空間だということだ。

もちろん尊敬や憧れや感謝の気持ちも持ちながらだが、凄い人たちと普通に飲み食い会話ができる空間。初めての人もいつもの仲間もずっと大声で笑いあえる空間。

そんな空間を作っているのは他でもない参加者のみんなである。

そしてそれは主催の立花さんの人柄考え方が基本にあるのは間違いない。

参加者全員と立花さんの気持ちがこのフラットな空間を作っているのだ。

そんなオフ会が楽しくないわけがないのである。

ご挨拶できた方、残念ながらできなかった方、あの空間を共有した全ての参加者に感謝している。

宴は終わり日常がやってくる。

だけどDpubは終わらない。
そこから広がる新しい何かがきっとある。
だから次のDpubが開催されるその日までDpub9は続くのだ。

今度の開催地は札幌だ。
もちろん私は参加する。
新しい出会いと心地よい疲れを感じる為に。

また会いましょう。
そして新しい何かを札幌で見つけましょう。

すべての参加者と主催の立花さん、そして誇るべき幹事チームの仲間に感謝をこめて。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ

feedly登録ボタン
follow us in feedly

“Dpubという空間に思う事” への1件の返信

  1. ピンバック: 「Dpub9」参加者によるブログエントリーリンク全集(随時更新) #Dpub9 | 覚醒する @CDiP