【iOS 6】AssistiveTouchでスクリーンショットも撮れるのを今知った

こんにちは @kuracyan です。
iPhone 4の時にホームボタンの効きが悪くなって云々という事がありました。
その時iOSのAssistiveTouchという機能を使ってホームボタンの代わりをさせましょうよ的な事をやっていました。

IMG_1094
こんな感じでホームボタンが画面上に出てきます。
アクセシビリティの機能の一つですか、これを使うと物理的なホームボタンを使わなくて済むという技でしたね。

AssitiveTouchは設定アプリの一般-アクセシビリティにあります。
IMG_1902

私自身はその後4Sになってからホームボタンの効きが悪くなることもなかったので使ってなかったのですが、さっき久々に使ってみようと思って設定したら、iOS 6になって色んなことができるようになってたのに気づきましたよでシェア。

IMG_1895

Siriが起動できたり
IMG_1896

このデバイスボタンを選んで
IMG_1903

ここをタップ
IMG_1904

スクリーンショットが撮れたり、マルチタスクバーを出せたりします。
IMG_1898

こんな感じで。
IMG_1899

たぶん私は使うことはないような気がしますが、覚えておくと便利かもしれません。

なお、今回スクリーンショットを撮ってみて気がついたのですが、AssistiveTouchを使ってるスクリーンショットを撮ってもボタンは撮影されないんです。
今まではこんな風に画面に写ったまま撮影されてたのにiOS 6では写ってない。
IMG_1913

色々変わってるんですねぇ。

あ、気がついたといえば先日とある事情でiPhoneのキーボードに手書き中国語を追加したらこれも追加されてました。
一瞬なんだ?と焦っちゃいました。
IMG_1910

IMG_1887
手書き中国語キーボードをはずしたら消えました。

そんなわけで、ちょっと気がついたiOS 6の事を書いてみたりしましたよというお話でした。

ではまた。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ