擬似Evernoteを作ってみよう

ちょっとしたメモ。
どんな風にしてます?
iPhoneを使ってるような人なら、Evernoteですか?
それはナイス選択。
私もそうしています。
私はDraftpadというアプリでサクッとEvernoteに送ってます。
DraftPad 1.4(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ
販売元: Manabu Ueno – Manabu Ueno(サイズ: 2.8 MB)
全てのバージョンの評価: (332件の評価)

+ iPhone/iPadの両方に対応

このアプリのアシストにsave to Evernoteがあるのでそれを使ってますよ。

便利ですね。

さて、それとは別にEvernoteのアカウントを取らないでも、メモを簡単に保存し、オフラインでも検索できる、そんな方法があるのをご存知でしょうか?
今日はその擬似Evernoteについて書きたいと思います。

準備

必要なもの
1.Gmailアカウント

2.iPhone
以上
これだけ。

手順

では手順をお話します。
まずはクラウドへの保存方法。
iPhoneにGmailアカウントのメールを設定します。
設定-メール/連絡先/カレンダーでアカウントを追加します。
IMG_2954
Gmailを選びましょう。
IMG_2947
名前やアカウント、パスワードなどを設定して次に
IMG_2948
ここ、大事。テストに出ます。
このメモってところをオンにしましょう。
IMG_2958
設定-メモでデフォルトのアカウントが先程設定したGmailアドレスになっていることを確認したら完了。
IMG_2961
あとはメモ帳にメモすればOKです。
IMG_2963
Gmailの全てのメールを見てみましょう。
ほらあった。
IMG_2966

続いて検索
iPhoneにはSpotlightという検索機能があります。
「設定」-「一般」にあります。
どんな検索をするかをここで決めるのですが、例えばアプリならアプリ名をちょっと入れるだけで検索してくれます。

IMG_2909
Spotlight検索はiPhoneのホーム画面の一面目から右にスワイプすると出てきます。
IMG_2942

Adobeだけで検索
IMG_2933
(・∀・)イイネ!!

さて、今度はSpotlightの設定でメモにチェックを入れて検索してみます。
これでiPhoneでメモ帳が検索できるようになりました。
テスト的にとある日の私の記事をメモ帳にコピーしておきました。
「あのロースカツ旨かったなあ」と思って、おもむろにロースと入力
IMG_2929

あっさりとロースと入ったメモ帳を探し出してくれました。
検索はオフラインでできます。
もちろんPC等でGmailを開いて検索することも可能です。

以上でiPhoneのデフォルトメモ帳とGmailとSpotlight検索だけで、テキストメモの擬似Evernote化が完成しました。

まとめ

メモ帳はGmailと連携して保存できる。
検索はSpotlightでオフラインで検索できる。
以上の様に擬似Evernote化はできますが、これはテキストだけ。
画像も扱えませんし、OCR機能もありません。
Evernoteと比較はできないですね。
あくまでもこんな事もできますよという見本です。
そんなわけで、結論。
やっぱりEvernoteでメモする方がスマートです。

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ

feedly登録ボタン
follow us in feedly