テレビ局と節電

この記事を読んで。

こてつは内臓ではない! » テレビは輪番放送にしたら?



実際のところは調べてないので私にはわかりませんので読んだ印象だけで書きます。

現実問題として、こてつさんご自身も書かれてるように、地方局はキー局から番組提供を受けてる訳で自社番組を沢山持っている訳ではないですよね。
つまりその場合その時間は地方のテレビも止まる訳です。
ネットワークが違う局から同時に番組提供を受けている局もあったりしますしね。
地方局の事を考えるとなかなか難しいだろうなとは思います。
これは一方ではいかに情報が東京発信に偏っているかという問題を浮き彫りにしますが、それはまた、別の話。

ただ、主張されている事。
テレビ局は範を垂れる事が大事なのではないか?
という意味において賛同します。

テレビ局はこんな時だからこそ、積極的に節電に協力すべきです。
ただ節電節電言ってるだけではダメ。
具体的に目に見える形で協力姿勢を打ち出す事が大事。

輪番制が難しいのであれば、それに変わる節電対策を率先して提示してはいかがでしょうか?

例えば社内照明を◯%落とします。でも良いと思います。
あるいは番組制作を関西以西で行うとかもあるかもしれません。
東電管内以外で制作したら地方の景気刺激にもなるかもしれませんね。

その上で

「◯◯テレビはこの夏、最大25%の節電に全力で協力します!」

とでもやってキャンペーンをはればいいんじゃないですか?

いかに工夫をしているのかを具体的な数字を出しながら放送すればいいんですよ。
『7月第一週目標達成!』とかね。
ACのCMもいいですが、そんな宣伝もいいんじないですか?

もう検討してるとは思いますが、早く打ち出したほうがぜーったい好印象です。

さすがは◯◯テレビだ!ってなりますよ。

◇2011夏。節電しなきゃテレビじゃない!◇

(ふざけてるみたいにみえたらすみません。 わりと真面目に書いてます。)

—— ◇ —— ◇ —— ◇ ——

Facebookページのご案内
当blogを読んで下さってありがとうございます。
Singer Song iPhone ではFacebookページもあります。
ブログに紹介する前の気になるアプリとか気になる記事などをシェアしていますので
良かったら覗いて下さい。
Singer Song iPhone Facebookページ

“テレビ局と節電” への1件の返信

  1. ピンバック: 後日談:テレビは輪番放送にしたら? « こてつは内臓ではない!